チャンピオンズカップ

木曜日, 11月 28th, 2019

マホのバッテリーを長持ちさせる「充電回数を減らすために100%使い切るのがよい」説をず~っと実践していたのに、「寝る前充電はダメ、80%~20%で使うのがよい」説が浮上してきてどれを信じてよいのかさっぱり分かりません、週間二馬です。

台は中京に移りダートのGIチャンピオンズカップ、先週に続き外国人騎手が大勢参戦します。中でも世界のデットーリ騎手は地方競馬ではありますがGIを2勝しているオメガパフュームに騎乗、今週は勝ち負けできそうです。

ころで今秋のGIレースはここまで7戦を終えましたが、勝ち馬番は順に8・2・5・5・2・2・5・5番と、「2-5-8」のスジが来ています。今週も!?

チャンピオンズカップ特集

ジャパンカップ

金曜日, 11月 22nd, 2019

のむかし、ショールームのような場所で同時通訳してもらいながら外国人十数人の前で製品説明する機会があったのですが、場をなごまそうと軽いジョークを交えたのに通訳の人に翻訳する価値なしと判断されスルーされてしまいました、週間二馬です。

台は東京に変わり秋GIのヤマ場ジャパンカップ、世界の強豪が集結!と言いたいところですが、今年はジャパンカップ創設以来初の外国馬参戦ゼロという事態になりました。

っとも外国馬の優勝ははるか14年前のアルカセットを最後に、その後は弱い外国馬しか参戦してませんので、ジャパンカップ2連勝中の外国人騎手の方に注目し国際レースを楽しむことにしましょう。

ジャパンカップ特集

マイルチャンピオンシップ

木曜日, 11月 14th, 2019

ャンパーのファスナーが生地を噛んで下ろせなくなってしまい、下ろすには布地を切るかファスナーを壊すかの選択に迫られましたが、ひと気のない所で頭から脱いだり被ったりして凌ぎました、週間二馬です。

都競馬場で開催する今年最後のGIマイルチャンピオンシップ。ダービー2着のダノンキングリーと天皇賞2着のダノンプレミアムのダノン対決が見ものです。

勝馬は一昨年からペルシアンナイト、ステルヴィオと3歳馬が続いていますが、今年も3歳馬ダノンキングリーか優勝するのか、1歳お兄さんのダノンプレミアムが貫禄を見せるのか、あるいは全然ダノンでない馬が来るのか?結果やいかに!

マイルチャンピオンシップ特集

エリザベス女王杯

木曜日, 11月 7th, 2019

事で移動中、トイレがある電車の中で用を足している時「時間をムダ無く使うオレって、とってもやり手のビジネスマンかも!!」とほくそ笑んでます、週間二馬です。

台は京都に戻り、牝馬のGIエリザベス女王杯。3歳馬と古馬の統一女王決定戦!と言いたい所ですが、優勝したところでその上には男勝りのアーモンドアイやリスグラシューのツートップが君臨しています。

もリスグラシューは昨年の女王杯で初めてGIを勝ったあと牡馬混合GIの宝塚記念や海外のGIを勝って大躍進しました。今年の女王にも、その後の活躍に期待してあげましょう。