最後の1冠菊花賞賞は、見事に福永エピファネイアが1番人気に応え悲願のG1初制覇。ダービー2着馬は後にダービー馬より活躍する場合もあるので、有馬記念あたりに出走すれば面白そうですね。
菊花賞特集

次回のG1は古馬王道路線の第1弾、天皇賞・秋。年度代表馬のジェンティルドンナが秋初戦どんな競馬を見せるのか見ものです。

Posted 日曜日, 10月 20th, 2013 at 21:43:29
Filed Under Category: ┠ 次回のG1
You can leave a response, or trackback from your own site.

0

Leave a Reply