桜花賞

節物の服をクリーニングに頼んだ時「ちょっと込み合ってて、お日にちがかかってしまうんですが」と言われ「あ、全然急いでないからいーっすよ」と甘い言葉を返して上げたら、仕上がり日から数日後に取りに行ってもまだ仕上がってませんでした、週間二馬です。

歳牝馬のクラシック第1弾桜花賞、今年は無敗馬のラッキーライラックが主役。あの破天荒な3冠馬、オルフェーヴルが初年度産駒から大物を出して来ました。

年の桜花賞は8番人気のレーヌミノルが優勝、断然1番人気のソウルスターリングがよもやの3着。果たしてラッキーライラックは人気に応えることができるのでしょうか?

桜花賞特集

Posted 木曜日, 4月 5th, 2018 at 22:53:39
Filed Under Category: 前振り
You can leave a response, or trackback from your own site.

0

Leave a Reply