2011/11/24 木曜日

人気列車で行こう30号

Filed under: ┗人気列車で行こう — traintrain @ 21:51:01

人気列車で行こう30号「乗り鉄」向けの雑誌、11/24発売の第30号は「車窓と駅を楽しむ時速300kmの旅」東海道・山陽新幹線のぞみ(東京?博多)。

1992年に登場したのぞみ、300系→500系→700系と代替わりしながら、2010年度中にN700系に置き換わるそうです。

やっぱり、居住性はともかく500系が一番カッコよかったですね。今では8両編成に短縮されて、山陽新幹線のこだま用に使われているそうです。彼(500系)にとってはとっても不本意でしょうね

のぞみ号の動画(N700系)
のぞみ号の動画(500系)

このシリーズも今号が終着駅。長い間のご乗車お疲れ様でした。
振り返れば2009年6月から始まった分冊百科の紹介、もう2年半も経ってしまいました。しばらく分冊百科はでないかな。。
(続きを読む…)

2011/10/27 木曜日

人気列車で行こう28号

Filed under: ┗人気列車で行こう, — traintrain @ 11:29:07

人気列車で行こう28号「乗り鉄」向けの雑誌、10/27発売の第28号は「町から森へ!東京通勤圏から発車するSLで、荒川をさかのぼる旅」SLパレオエクスプレス(熊谷?三峰口)。

秩父鉄道パレオエクスプレス

なんでもSLのC58は動輪が3個の8620型と4個の9600型のいいとこ取りをしたという記事が興味深かったです。

? 8620 9600 C58
動輪直径 1600mm 1250mm 1520mm
最高速度 96km/h 65km/h 85km/h
最高出力 759馬力 870馬力 850馬力

次号は11/10発売の第29号南海電鉄こうや花鉄道天空ですが、私の次の停車駅は、11/24発売の東海道・山陽新幹線のぞみかな。

2011/10/13 木曜日

人気列車で行こう27号

Filed under: ┗人気列車で行こう, — traintrain @ 20:16:48

人気列車で行こう27号「乗り鉄」向けの雑誌、10/13発売の第27号は「旧山陰本線を時速25kmでのんびり旅」の嵯峨野トロッコ列車(トロッコ嵯峨野?トロッコ亀岡)。

「『3年間走らせてみて、駄目だったらやめよう』…(中略)不要になってもて余した線路に、大量に余っていた貨車を改造して中古の機関車で牽引するという、鉄道員達の『苦肉の策』のアイデアが、『3年でやめる』どころか京都を旅する人たちに大いに受けた」(本文より)
何が成功するか分からないモノですね。
春の季節に乗ったことがありますが、紅葉の季節の写真は、本当にキレイです。

次号は10/27発売の第28号秩父鉄道SLパレオエクスプレスです。

2011/9/29 木曜日

人気列車で行こう26号

Filed under: ┗人気列車で行こう, — traintrain @ 20:19:43

人気列車で行こう26号「乗り鉄」向けの雑誌、9/29発売の第26号は「東京から神々が集う神話の国へ向かう寝台列車の旅」のサンライズ出雲(東京?出雲市)。

東京発着のブルートレインが絶滅して久しいですが、よく考えると出雲号と瀬戸号はこのサンライズ出雲・瀬戸としてしっかり生き残っています。

初めて知ったのが、モーター車が1編成7両中たった2両ということ。
そんなんで130kM/h出せるの?と思いきや220kW/台という高出力モータを搭載しているとのことです。
これにより、2階建てに出来ないモーター車を2両に減らすことができたようです。

220kWx4台x2両=1,760kW、7両編成なので1両当たり251kW
最新鋭の成田エクスプレスは259系は140kWx4台x4両=2,240kW、6両編成なので1両当たり373kW
あれ、小出力ですね。
でも285系は寝台列車で定員が少ないので小出力でも大丈夫なのだだそうでう。
285系…1,760kW÷定員158人=11.1kW/人
259系…2,240kW÷定員290人=7.7kW/人
あ、なるほど、逆転しました。


サンライズ出雲・瀬戸の動画

次号は10/13発売の第27号嵯峨野トロッコ列車です。

2011/9/15 木曜日

人気列車で行こう25号

Filed under: ┗人気列車で行こう, — traintrain @ 14:38:13

人気列車で行こう25号「乗り鉄」向けの雑誌、9/15発売の第25号は「個室車両のある豪華特急で行く温泉への旅」の東武特急スペーシア(浅草・新宿?鬼怒川温泉・鬼怒川公園・東武日光)。

「最大の自慢である個室車両は、浅草寄りの先頭車両6号車にある。」「進行方向左側に個室が6室、左側は通路になっている。」(本文より)
ということは、スカイツリーは通路側になってしまうので、個室と通路の間のドアを空けながら見るようです。
スカイツリーのオープンに合わせ、編成を逆にして個室からツリーが見えるようにするかも知れませんね。

スペーシアの動画

次号は9/29発売の第26号サンライズ出雲号です。