2020年のJRA全日程が終了、今年はG1を3勝した馬が4頭。年度代表馬は直接対決を重視するならアーモンドアイですが、無敗で三冠を制したことを重視するならコントレイル。前者を重視した方が誰もが納得すると思います。

★年度代表馬:アーモンドアイ(ヴィクトリアM/天皇賞(秋)/ジャパンカップ)
★最優秀2歳牡馬:ダノンザキッド(ホープフルS)
★最優秀2歳牝馬:ソダシ(阪神JF)
★最優秀3歳牡馬:コントレイル(皐月賞/ダービー/菊花賞)
★最優秀3歳牝馬:デアリングタクト(桜花賞/オークス/秋華賞)
★最優秀4歳以上牡馬:フィエールマン(天皇賞(春))
★最優秀4歳以上牝馬:アーモンドアイ
★最優秀短距離馬:グランアレグリア(安田記念/スプリンターズS/マイルCS)
★最優秀ダートホース:チュウワウィザード(チャンピオンズカップ)
★最優秀障害馬:メイショウダッサイ(中山大障害)

Posted 水曜日, 12月 30th, 2020 at 13:33:31
Filed Under Category: ┠ NEWS・薀蓄
You can leave a response, or trackback from your own site.

1

Response to “年度代表馬予想”

編集長

やったー全部門的中!
てゆうか、2020年は簡単でしたね。
アーモンドアイとコントレイルの年度代表馬争いはもっと接戦になるかと思いきや283票中236票がアーモンドアイという大差。やはり直接対決を制したのが大きかった?そしたらアーモンドアイを負かしたグランアレグリアの立場やいかに?

Leave a Reply