賀状のデザインって十二支の数だけ作ればあとは使い回せるのでは?と思い12年前に作った丑年のを見たら、なんと平成21年と書いてあり「平成」の文字を消すだけで十分使えそうです、週刊二馬です。

週と来週は2歳のGI、まずは牝馬の阪神ジュベナイルフィリーズです。来年の桜花賞を占う大事なだいじな一戦、将来の女傑がいるかも知れません。

や、ナムラメーテルという馬が出ています、ふと馬名の意味を調べると「冠名+お母さん(ギリシャ語)」え?メーテルってお母さんって意味だったんですか、松本零士さん!

阪神ジュベナイルフィリーズ特集

No Comments | Category: ┠ 前振り

ステイヤーズステークス制覇!家内が・・。
1着:11番オセアグレイト…この勢いで有馬に出たら面白いのに、年内は休養の模様(7番人気)
2着:10番タガノディアマンテ…オルフェーヴル産駒のワン・ツーですか(8番人気)
3着:3番ポンデザール…牝馬のステイヤー、中央でも通用するようです(1番人気)

No Comments | Category: ┠ 万馬券以上

ッチにグリーン車で移動中、グリーンアテンダントに「お客様どちらまで?」と声をかけられ「新宿ですが何か?」自称鉄道ファンの私は切符を買い間違えるはずがないので堂々と答えると「新橋までのご購入のようですので変更しますね」と言われ大ショック!老眼の方は気をつけましょう、週刊二馬です。

熱戦だったジャパンカップの余韻冷めやまぬまま、今週は中京で砂のGIチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオン、クリソベリルに3歳馬カフェファラオが挑みます。

フェファラオは何と言っても今秋のGI5勝と独占状態のルメール騎手騎乗というのが心強い、とりあえずルメール買っときましょ

チャンピオンズカップ特集

No Comments | Category: ┠ 前振り

野豆腐を食べると口の中でジュワッとだし汁が広がりますが、口の中の水分を全部持って行くモナカとかと一緒に食べたらどっちが勝つのか、どなたか戦わせてみませんか?週刊二馬です。

週は東京競馬場でジャパンカップ、世界からはフランス馬1頭だけの出走ですが、そんなことはどうでもよいくらい日本馬の3冠馬3頭の対決が見ものです。

ずは2018年の牝馬3冠馬アーモンドアイ、そして今年の牡馬3冠馬コントレイルと牝馬3冠馬デアリングタクトが揃って参戦。ここが引退レースとなるアーモンドアイの有終の美か?3歳馬の世代交代か?それとも第4の馬が勝っちゃたりするのでしょうか?

ジャパンカップ特集

No Comments | Category: ┠ 前振り