2016/5/4 水曜日

北海道新幹線/道南いさりび鉄道

Filed under: 搭乗記・旅行記,新線・新車情報 — traintrain @ 10:10:04

20160502choinori-53 20160502choinori-00
先日考案した「北海道新幹線チョイ乗りの旅」を実際に左回りでやってきました。そして北海道新幹線の撮影スポットにも行ってきました。

20160502choinori-01
↑ 14:14函館発?14:33新函館北斗着(画像クリックで拡大&矢印キーで6枚スライド)

  • はこだてライナーに乗車。733系電車3両編成で、全車自由席のロングシートです
  • 発車10分前には満席。グランクラスの乗客も、ここは吊革につかまって移動することになるかも
  • 函館?新函館北斗?木古内間の運賃1,070円+新函館北斗?木古内間の新幹線代1,310円(立席)=合計2,380円です
  • 19分で新函館北斗に到着。ライナーは函館寄りの切り欠きホームに停まるため、新幹線との平面乗り換えは可能ですがホーム中央までちょっと歩きます
  • 新幹線ホームの青森寄りは見物人でいっぱい。真横からの撮影でガマンしました
  • はやぶさ26号に乗車。E5系新幹線10両編成で、立席特急券なのでデッキに立っての乗車。1駅なのでアッという間です

20160502choinori-11
↑ 14:44新函館北斗発?14:57木古内着(画像クリックで拡大&矢印キーで9枚スライド)

  • 13分で木古内に到着。途中243km/hと、新幹線らしい速度で走ってました
  • 道南いさりび鉄道に乗車。キハ40系気動車2両編成で、全車自由席のセミクロスシートです
  • 後方の1両はながまれ号。「ながまれ」とは方言で「ゆっくりして」「のんびりして」という意味で、この列車にぴったりの名前です
  • 函館方面には長いホームが伸びてます。青森方面はこの先で新幹線のレールと一緒になって青函トンネルに続くんでしょうね

20160502choinori-21
↑ 15:18木古内発?16:22函館着(画像クリックで拡大&矢印キーで9枚スライド)

  • 列車はやがて海沿いをのんびりと走ります。海の向こうに終点函館にある函館山が見えてきます、ずいぶんと湾曲してるんですね
  • 窓が二重化されているのに気づきました、それぞれ開閉できるようです。北国っぽいです
  • 64分で函館に到着。札幌行きの特急が接続されていてホームで待っていました
  • 木古内?函館間の運賃は1,110円。五稜郭?函館間はJRなので、私鉄?JR連絡切符になっています

20160502choinori-51
↑ 別の日、北海道新幹線撮影スポットに行ってきました。(画像クリックで拡大&矢印キーで6枚スライド)

  • 「道の駅しりうち」が新幹線に面していて、2階が開放されています
  • 動画撮るとギャラリーの「来た、きたっ」という声が入っちゃいます…
  • 道の駅を先に進むと、青函トンネルの出入口が見える展望台があります
  • 在来線と供用していて速度制限がある区間だからでしょうか、新幹線の橋脚にしてはちょっと華奢に見えます
  • お、来ました。ちょっとズームにしないと遠いですね
  • 次はズームで撮影、もう少し早く走って欲しい所です。本州へ行ってらっしゃい!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Leave a comment

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> .