2004/1/26 月曜日

京急蒲田駅レイアウト

Filed under: 発見・考察 — @ 13:48:47

京浜急行で青物横丁から京急川崎の次の駅の八丁畷へ移動中、京急川崎で何気なく反対側ホームの発車案内に「快特羽田空港」とありました。そういえば横浜方面からも羽田空港への直通列車ができたんだですね。
私の記憶では京急蒲田駅は図1の構成であり、横浜方面から空港方面に直通するには一旦蒲田駅を通過してからバックする必要があります。
これでは下り列車の遅れがモロに上り列車にも影響して、たちまちダイヤが破綻するでしょう。それにこの方法で運転するなら、今まで通り3番線から階段で1番線へ行って始発の空港行きに乗った方がまだ早いと思います。
う?ん、本当はどうしてるんでしょう、とても気になってしょうがないので川崎で折り返して蒲田まで確かめに行っちゃいました。


快特は川崎で前8両は泉岳寺(品川の1つ先の駅)行き、後4両が空港行きに分割されました。京急も分割運転をするようになったようです。川崎から蒲田までは各停で3駅目ですが、快特らしく飛ばすことなく蒲田駅手前でとうとう停止しました。前方を見ると2番線に下り列車が停車中で、どうやらこの列車が発車するのを待っているようです。
なんと、その手前には新しく渡り線路ができていて(図2青線部分)、下り列車が発車して渡り線路を通過すると快特は動き出しました。
下り線路に渡るとすかさず下り線路をまたぎ、さらに新しくできた1番線への渡り線路(図2緑線部分)を通って1番線へ辿り付いたのでした。(揺れるゆれる!)

なるほどこうゆう手があったのかと、この日は一日中感心しっ放しでした。まあ、ダイヤの遅延がお互いに影響しないように、また安全面からも上り列車と下り列車は平面交差させないのが理想ですが、現在蒲田駅は工事中なのできっと完成までの暫定策なんでしょうね。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> .